5月31日、デジタルシネマカメラ“EOS C200 / EOS C200B”を発表

新ビデオフォーマット「Cinema RAW Light」と「MP4」の4K記録が可能


キヤノンは、映像制作機器CINEMA EOS SYSTEMの新製品として、新ビデオフォーマット「Cinema RAW Light※1」、「MP4※1」で撮影した4K映像を本体内に記録可能なデジタルシネマカメラ“EOS C200 / EOS C200B※2”を2017年7月下旬より発売します。


※1 「Cinema RAW Light」は4K DCI(4096×2160)/60P。
  「MP4」は4K UHD(3840×2160)/60P。いずれもPALの撮影時は50P。
※2 “EOS C200”は、LCDモニター“LM-V1”や、カメラグリップ“GR-V1”などを同梱した、
  フルパッケージモデルです。
  “EOS C200B”は、ユーザー自身の用途に合わせて付属品が選択可能な、最少構成モデ
  ルです。


     
    EOS C200
   ※「EF24-105mm F4L IS II USM」装着時
EOS C200B
※「EF24-105mm F4L IS II USM」装着時

詳細はキヤノンニュースリリースをご覧ください。
http://cweb.canon.jp/newsrelease/2017-05/pr-c200.html