4Kカメラに対応し幅広い焦点距離と高い操作性を実現 

COMPACT-SERVO望遠レンズ “CN-E70-200mm T4.4 L IS KAS S”を発表


キヤノンは、動画撮影に適した幅広い焦点距離70~200mm※1と高い操作性を実現し、4KおよびHDカメラに対応する光学性能を備えたCOMPACT-SERVOレンズシリーズ※2の新製品 “CN-E70-200mm T4.4 L IS KAS S”を2017年10月上旬より発売します。


※1 35mmフルサイズ換算で、107~307mm相当。
※2 キヤノンのEFシネマレンズのうち、小型・軽量で優れた操作性・運用性を持つスーパ-
  35mm相当サイズのセンサーを搭載したカメラに対応するレンズシリーズ。



CN-E70-200mm T4.4 L IS KAS S
(左:本体のみ/右:専用グリップ「ZSG-C10」(別売り)装着時)


詳細はキヤノンニュースリリースをご覧ください。
http://cweb.canon.jp/newsrelease/2017-04/pr-cn-e70-200-t44-l-is-kas-s.html

【ご参考】
 2017年4月24日(月)から27日(木)まで米国ラスベガスで開催される放送・映像制作機器の展
 示会「NAB SHOW」のキヤノンブースにおいて本製品を展示予定です。