株式会社ミカミ

株式会社ミカミ 放送用映像機器 ウェブサイト

CN7x17 KAS CINE-SERVO Lens EFシネマレンズ

仕様

CN7x17 KAS のスペック
ズーム比 7倍
焦点距離 17mm-120mm
最大口径比(Tナンバー) T2.95(17-90mm)/T3.9(120mm)
至近距離 0.85m
質量 約2.9kg
仕様と特徴 CN7×17 KAS S/E1(EFマウント)
CN7×17 KAS S/P1(PLマウント)
【EFシネマレンズの高画質を継承】
キヤノンの光学技術を結集し、ズーム全域で4K解像度を実現。画面中心から周辺まで鮮鋭なほか、フォーカスブリージングを徹底的に抑制することでフレーミングの安定性を高めています。イメージサークルはスーパー35mmをカバー。アイリスは絞り込んでも円形に近い11枚構成です。
※センサーサイズがスーパー35mm、APS-Cのカメラに対応。35mmフルサイズ、APS-Hには非対応。←一番下へ移動

【小型ながらも表現領域を拡大する高ズーム比を実現】
4K解像度で7倍ズームを有しながら小型化を実現。広角から望遠まで広くカバーし、多様な撮影環境と表現意図に対応します。

【操作しやすいフォーカスリング】
フォーカス角度は180°。4K画質に要求される精緻なフォーカス操作が可能です。レンズサポートやフォローフォーカスなどの各種アクセサリーにも対応。

【着脱可能なドライブユニット】
ドライブユニットを標準装備。放送用レンズと同等の操作性・運用性を実現します。またドライブユニットを外し、フルマニュアルで使用することが可能。ドライブユニット再装着時にフォーカス/ズーム/絞り各ギアの位置合わせも不要です。

【放送用I/Fである12pinシリアル通信に対応】
12ピンシリアル通信に対応し、一般的な放送用レンズと同様、アイリスのリモート操作や、フォーカス/ズーム/絞りの位置データの記録が可能。

【Cooke社の通信規格/i Technologyに対応※】
映画などの映像制作業界で広く使用されているCooke社の通信規格「i/Technology」に対応。フォーカス/ズーム/絞りの位置データなどのレンズ情報をカメラ本体で表示・記録が可能。
※PLマウントのみ対応

【20pin端子を3箇所に装備】
20pin端子を3箇所に備えることで、フォーカス/ズームのデマンド接続時もバーチャル端子を確保。さらに、変換ケーブルを介してFDJ-P01を接続することにより、アイリス操作も可能。

※本基本仕様及び特長はキヤノンマーケティングジャパン様のHP及びカタログより抜粋致しました。
※センサーサイズがスーパー35mm、APS-Cのカメラに対応。35mmフルサイズ、APS-Hには非対応。
Canon URL CN7x17 KAS

 

EFシネマレンズ

このカテゴリの別商品リスト