株式会社ミカミ

株式会社ミカミ 放送用映像機器 ウェブサイト

CN10x25 IAS CINE-SERVO Lens EFシネマレンズ

2020年7月上旬発売予定

仕様

CN10x25 IAS のスペック
ズーム比 10倍
焦点距離 25mm-250mm
37.5mm-375mm(w/1.5xEXT)
最大口径比(Tナンバー) T2.95(25-187mm)T3.9(250mm)
T4.4(37.5-281mm)T5.9(375mm)
至近距離 1.2m
質量 約3.06kg
仕様と特徴 CN10x25 IAS S/E1(EFマウント)
CN10x25 IAS S/P1(PLマウント)
特長
【8Kカメラ対応高画質】
キヤノンの光学技術を結集し、8Kカメラ対応の光学性能を実現。各種収差を極限まで補正し、画面中心から周辺まで高画質を達成しています。
【高倍率10倍ズーム&内蔵1.5×エクステンダー】
広角25mmから望遠250mmまで、幅広いシーンの撮影に対応できる高倍率10倍ズーム。さらに、1.5×の内蔵エクステンダーを使用することにより、375mmの超望遠撮影が可能で、イメージサイズが拡大し35mmフルサイズセンサーのカメラにも対応できます。
【統一したカラーバランス】
EFシネマレンズ全シリーズに共通した暖色系のカラーバランス。人物の肌を好ましい色合いに美しく再現でき、被写体の質感描写に適しています。
【11枚絞り羽根採用】
11枚の多枚数絞り羽根により、開放から最小絞りまで円形に近い自然なボケ表現が可能。立体感のあるボケで、映像表現の幅を広げます。また、絞り羽根を奇数枚にすることで高輝度被写体の光芒が拡散し、やわらかい描写となります。
【着脱可能なドライブユニット】
ドライブユニットを標準装備。放送用レンズと同等の操作性・運用性を実現します。また、ドライブユニットを外し、フルマニュアルで使用することも可能。ドライブユニット着脱時のフォーカス/ズーム/絞り各ギアの位置合わせも不要です。
【12pinシリアル通信】
12pinシリアル通信に対応。一般的な放送用レンズと同様に、アイリスのリモート操作や、フォーカス/ズーム/絞りの位置データ記録が可能です。
【EFマウントの通信プロトコル対応※】
CINEMA EOS SYSTEMのカメラ群とマウント経由で情報通信が可能。撮影時のレンズ情報の表示・記録や、周辺光量補正が可能です。
※EFマウントのみ対応
【Cooke社の通信規格「/i Technology」に対応※】
映像制作業界で広く使用されているCooke社の通信規格「/i Technology」に対応。フォーカス/ズーム/絞りの位置データを対応カメラに送信、記録、表示することが可能です。
※PLマウントのみ対応
※本基本仕様及び特長はキヤノンマーケティングジャパン様のHP及びカタログより抜粋致しました。
Canon URL CN10x25 IAS

 

EFシネマレンズ

このカテゴリの別商品リスト