株式会社ミカミ

株式会社ミカミ 放送用映像機器 ウェブサイト

ビデオトランスミッター VT-100 iPadをモニターに変える、Wi-Fiビデオトランスミッターです

仕様

ビデオトランスミッター のスペック
入力信号 NTSC/BNC端子
出力信号 IEEE802.11b/g(2.4GHz帯)
内部電源 単3x4本/交換式
無線仕様
無線LANモジュール
技術基準適合証明(技適)認証取得、米国FCC,カナダIC認証取得
規格 IEEE802.11b/g
通信周波数 2.4GHz帯
チャンネル 1ch / 6ch / 11ch に設定可
送信電力 802.11g/n OFDM 15dBm、802.11b CCK,DSSS 17dBm
スループット 2Mbps以上
無線LANセキュリティ 無し(WEP(64/128bit)対応予定)
特記事項 ビデオトランスミッター(VT-100)
【iPadをモニターに変える、Wi-Fiビデオトランスミッターです】
VT-100はカメラの映像をiPhone / iPad / iPod touchのタブレット端末にWiFiで無線伝送して、リアルタイム映像を共有でモニタリングできるWi-Fiビデオトランスミッターシステムです。 入力されたビデオ信号をリアルタイムに圧縮しながらIEEE802.11b/g/規格のWi-Fiで出力します。

【Wi-Fiで映像を共有】
Wi-Fi(無線LAN)を利用し、VT-100に撮影カメラからの映像出力(NTSC)を入力し、映像をiPadのタブレット型端末に伝送します。 データのやり取りはローカルネットワークで映像の受信可能範囲は送信機から数十m。 低遅延を実現するためにその符号化方式には即時表示可能のJPEG CODECを使用しています。 小型軽量(約200g)でバッテリー動作も可能なので、どこへでも持ち運びができます。

【チャンネル変更で混信を回避】
Wi-Fi製品は2.4GHz帯の電波の中に1〜11chのチャンネルをもっています。 製品は初期設定が6chに合わせているものが多く、2.4GHz帯の電波が多く使われている場所(展示会場など)では同チャンネル(6ch)になり、混信が顕著になります。
これを回避するためにVT-100ではチャンネル変更が可能なスイッチを搭載しました。チャンネルは1ch/6ch/11chの3チャンネルで状況に応じて変更が可能となっております。

【ビデオ映像配信と同時にモニタリング】
カメラの映像をVT-100から飛ばして確認するだけでなく従来通りのモニタでも確認したい場合にビデオ入力端子部にT分岐を使い、VTへの信号とモニタへの信号を分岐させることができます。
これによりモニタの画像が暗くなるため、インピーダンスを設定するスイッチを設けることでモニタ画像を明るくすることが可能です。 ビデオ映像配信と同時にモニタでの確認も可能にしています。

【モニター側のアプリは無料提供】
モニタリング側のソフト(受信アプリケーション)はApp Storeで無料提供なので、導入コストも不要です。 モニター(タブレット)にインストールすると、1台の送信機(VT-100)に対して253台までのiPad・iPhoneへ映像を送信、アプリ側では画像のキャプチャも可能です。
ビューアソフト(アプリケーション)はApp Storeより配布しております。

 

ミカミオリジナル

このカテゴリの別商品リスト