株式会社ミカミ

株式会社ミカミ 放送用映像機器 ウェブサイト

DIGISUPER 22 xs
XJ22x7.3B ISS スタンダード HDTVスタジオ制作用ズームレンズ ・2/3型HDTV対応22倍スタジオズームレンズ ・ポータブルカメラ専用

仕様

XJ22x7.3B ISS のスペック
ズーム比 22倍
イメージサイズ 2/3(HD)
焦点距離 7.3mm-16mm1/14.6mm-322mm
最大口径比 1:1.8(7.3-111.5mm)1:2.6(161mm)/1:3.6(14.6-223mm)1:5.2(322mm)
至近距離 0.8m
質量 約6.1kg
特記事項 -
仕様と特徴 【ポータブルカメラ専用のスタジオレンズ】
スタジオレンズの高い光学性能と操作性をポータブルカメラと組み合せて使用するという、新しいコンセプトで開発された、ポータブルカメラ専用のHDTV対応ズームレンズです。低価格ながら高機能化が進むポータブルカメラと組み合せて、良質な画像を得ることができます。これにより、機材のローコスト化と映像表現のさらなる高度化という市場からの要請に対応します。

【HDTVに対応した22倍ズームレンズ】
キヤノン独自の光学素子と、その素子特性を最大限に引き出す独自の光学設計技術「パワーオプティカルシステム」を採用しており、ズーミングによる光学性能の変動を抑制し、ズーム全域で画面周辺まで高いコントラスト・解像力を実現しています。
また、現行のNTSC用レンズと比べて小型化・軽量化を達成しながら、22倍ズーム、ワイド端7.3mmという高い光学性能を達成しています。

【高精度なデジタル制御】
HDTV方式は、NTSC方式に比べ被写界深度が半分以下と狭いため、より高精度なフォーカシングが要求されます。“DIGISUPER 22xs”では、エンコーダー内蔵の高精度なデジタルサーボシステムにより、ズームスピード0.5秒、フォーカススピード1.5秒を達成しています。 また、ズーム全域にわたってフォーカシングによる画角変動をほぼゼロレベルに抑えるCAFS(Constant Angle Focusing System)機能を備えているため、ドラマ撮影や映画撮影に適しています。
さらに、カメラマンの個性や撮影状況にあわせ、ズームとフォーカスの特性を変えられる機能を備えているほか、高精度のレンズデータをレンズ側とコンピューターとで高速通信できるため、CG映像とライブ映像を合成するバーチャルスタジオでも威力を発揮します。

【環境対応設計】
光学系や電気系部品で各国の環境規制をクリアするレベルまで鉛フリー化を達成しています。

※本基本仕様及び特長はキヤノンマーケティングジャパン様のHP及びカタログより抜粋致しました。
Canon URL XJ22x7.3B ISS

放送・業務用映像機器

このカテゴリの別商品リスト